標準感染予防策について

当院のとりくみ、詳細な対応、実施策について順次こちらで説明させていただきたいと思います。

まずは診察、治療の根本となる標準感染予防策(スタンダードプレコーション)について解説させていただきます。阿部歯科医院では、患者様に安心して受診いただき、患者様の健康を守るために標準感染予防策を実施しています。

近年の歯科医療では標準化されてきています、毎患者様ごとの診察器具(ミラー、ピンセット、探針など)、治療器具、切削器具(エアータービン、ストレート、コントラアングルドリル、バー、リーマー類など)、外科治療器具、予防手袋の交換は徹底し標準化しています。

 

今回は治療中の手袋をした術者、介助者の接触について。

 

交差感染(患者様の相互感染)を防ぐために、治療上手袋の手指に付着しました体液(唾液)、血液を拡散させないために、滅菌、交換できない器具、機器、施設、カルテなどに直接治療した手袋で直接触れることはありません。たとえば治療台の持ち手やキャビネットの取手、ボールペン、マウス、カルテなどに触れる際には、必ず治療中の手袋をはずして行うか、バリアフィルムを介して行います。

歯科医院では毎日何十人もの患者様の治療があります。その治療中の手袋のまま触れてしまいますと、その治療、介助者の共通の接触ポイント体液は付着します。体液は透明なため目にみえません。体液にもウイルスや細菌が存在し、比較的長くその場に活性をもって留まります(昨今ではノロウイルスの感染が問題視されましたが、肝炎ウイルス、未知のウイルスなどにも注意が必要です。)その共通の接触ポイントに対策を講じなければ手袋をしたままの術者、介助者の手指を介して目に見えない体液によるウイルス感染や細菌感染の拡散、伝播が発生します。手袋した手指は術者、介助者の身は守りますが、肝心の患者様の健康を害する恐れがあります。

当院では全職員の意識の徹底により、目に見えない体液によるウイルス、細菌感染拡散、伝播を予防します。 安心して受診いただければと思います。

 

次回は感染予防のための実際について述べさせていただきたいと思います。

診察時間

木曜日、土曜日

17:00までの診察時間になります。

月曜日~金曜日(木曜日のぞく)は

18:30までの診察になります。

休診のお知らせ

8月14日(火)、15日(水)をお盆の休診とさせていただきます。

訪問診療

当院では外出困難の方で、お口のトラブルでお困りの方に訪問診療を行っております。義歯の具合が悪い、歯がぐらぐらする、歯が痛い、口が渇く、出血がひどいなどお口のトラブルにご心配がおありでしたらご相談下さい。

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー

RYMS+facebook